住宅会社の営業の僕がマイホームを建てました。

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

西方里見先生のセミナーに参加しました。

こんにちは、ちゃっきです。


先日、お隣福井県にて
イケダコーポレーション主催で西方里見先生がセミナー講師としれ来られていましたので、参加させて頂きました。


セミナー中の写真はありません。


ちなみにイケダコーポレーションとは、
自然塗料のリボスの販売店として有名で、その他数種類、自然素材系の住宅建材を販売している会社です。


西方里見先生は気密断熱業界においてはしらない人はいないと思うくらいの大先生です。
私もお会いするのは初めてです。


西方先生は数年前に自邸を建てられ、それをベースに話を組み立てておられました。
また、パワポ内では矩計図(かなばかりず)などで施工図面も多く見せて頂き、大変参考になりました。


床下エアコンなども触れられており、
私はしらなかったのですが、業界トップでは西方式、松尾式などいろいろあるそうです。
階間式というのも初めて知りました。


換気に対する考えなどもなるほどなという感じです。


ちなみに先生は断熱材はグラスウールがメインでした。


今回のセミナーは無料でしたが、非常に参考になる良いセミナーでした。


ひとつ良くない?話があり、2020年までに住宅のレベルを上げる話が少し伸びるかもしれないとありました。
無意味ですね。


その他キーワードとして
付加断熱、外付けブラインド、天窓、Q1住宅



今回もお読みいただきありがとうございました。
次回の更新も宜しくお願い致します。



WEB見学会はあと少し残っています。

月刊SmartHouseという雑誌

こんにちは、ちゃっきです。


先日会社にこんな雑誌が届きました。


月刊スマートハウスver.ZEHと書いてあります。


現在ZEHビルダー登録をしてある会社へZEH推進協議会の方が送っているのだと思われます。


内容的には今年のまとめだったりで特に目新しいものはありませんが、
・基本編
 ZEHの定義と5つのシリーズ
これはZEH、ZEH+、ニアリーZEH、ニアリーZEH+、ZEHオリエンテッドのことですね。


・仕様編
1~7地域別の目安が書いてあります。
ここは1つ「なるほど」と思ったことがありました。
太陽光パネルの搭載容量が
【延床面積×係数0.04kW/㎡】であること
延床面積30坪のお家だと99.37㎡×0.04=3.9748kWの太陽光搭載で設備内容にもよりますが、ある程度カバーできそうです。
今度から計算の目安にしようと思います。


・応用編
ZEH+の要件が主に書いてあります。


・その他
経済メリット、健康メリット、防災対策、実例などです。


これからZEHを考える方や工務店にとってはとても参考になる1冊だと思います。
(どなたかより希望があれば項目をピックアップして掘り下げて記事を書こうと思います。)


















一番びっくりしたのはこの本の価格です。

こんな高価なものが送られてくるなんて。。。
本当ありがとうございます。


普及活動頑張ります。


今回もお読みいただきありがとうございました。
次回の更新も宜しくお願い致します。

WEB見学会。6-LDK

こんにちは、ちゃっきです。


今回はメイン、LDKです。
まずはリビングから。


LDKの広さは約15帖です。
そのなかでリビングの広さは約8帖ほど。
天井は構造材や、化粧の垂木材(細いやつ)でワイルドに木の感じをだしています。
その他特徴としては
ソファを置いていないこと。(どこでも座れるように)
その中であえて造作でベンチをつくり、壁側に居場所を作ったこと。
ベンチの先には大きな窓があり、中庭を望むことが出来ます。
また、ベンチの下はルーロ(お掃除ロボ)の基地と、ねこねこベッド(よくみると写真右下にしっぽのみで登場?)の居場所があります。
床でもベンチでもごろごろ出来て気持ち良いですよ(^^)
照明器具はダウンライトではなく、
正面に裸電球風のライト1灯とベンチ上にブラケットを2灯です。
また、ベンチ上部にはスティーベル製のダクトレス1種換気システムがありますが、
こちらもサイズがかなり大きいので目立たないように格子を採用し、隠します。


ダイニング&キッチン付近です。
壁付けのキッチンを採用し、メーカーはタカラスタンダードです。
タカラといえばまずはホーローですね。
キッチンを囲む白い壁はホーローのキッチンパネルの為。
掃除がしやすく、マグネットもくっつきます。
その為いろいろなものをとりつけることができ非常に便利です。


食器棚の上棚。
こちらは、造作でワッフルガラス入りです。
このガラスは建替え取り壊した時の家のリビングの建具についていたガラスを再利用させて頂きました。旧家から新家まで、これからも私を見守ってくれるガラスです。
取っ手はアイアンで統一。


システムキッチンのアップ。
天板はステンレスのバイブレーション(スクラッチ)仕上げ。
高級感。
面材は通常のタカラのものに、オリジナルでアイアン塗料を塗り、取っ手もアイアンのももを別で購入し、付けました。
こちらの取っ手は食器棚と併せて購入しました。
無垢の床材や造作の食器棚、壁や天井の仕上材の塗り壁ともマッチする、マットな質感がとっても気に入っています。


キッチンの横にはパントリーと冷蔵庫スペース。
パントリーは少しだけでもあるとすごく助かる!
したにはゴミ箱スペースも隠せているので、便利。
また、マグネットがくっつくことを利用して、お玉などをひっかけれるようにしてあります。
かわいい。


LDKはいくらでも書けちゃうのでこのへんで、
ご質問などあればいくらでも返信します。


今回もお読みいただきありがとうございました。
次回の更新も宜しくお願い致します。