住宅営業の僕が自分の家を建てるブログ

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

LIXILグッドリビングフォーラムに行ってきました。

こんにちは、ちゃっきです。


かなり久しぶりの更新となります(^^;
マイホームの方は順調に進んでおり、
来週末から完成見学会を控えています。
WEB内覧会というものも落ち着きましたら予定していますので、
もうしばらくお待ちください。


さて、先日ですがLIXILの主催します
グッドリビングフォーラムin金沢(石川)へ行ってきました。



前回、YKKAP主催のAPWフォーラムへ行った時の記事はこちら。


今回はそれのLIXILバージョン。
今年LIXILは住宅の勉強をされている方には記憶に新しい問題があるかとは思いますが、
会社自体はちゃんとしていますよ。
今回のフォーラムの講師はお二人。
新建新聞社の三浦祐成社長。
アトリエJIGSAWの岸一先生。

なんと、私の席は三浦社長の真後ろでした。
めっちゃ緊張。


お2人に共通したことは
これから新築を建てる棟数は減っていく。
10数年以内に90万→60万戸へ。
また、ブログ陣は性能に関しては敏感と思いますが、ZEH住宅の実質棟数はまだまだ発展途上です。
2020年の激アマ基準を乗り越えて、ZEHレベル(6地域ではUa値0.6)はもちろん当たり前とし、その先にどのような付加価値をつけるか、描くかが重要となってきます。


数値をクリアした上で外皮数値の標準をどこにもってくるのか。
住まいのデザイン5ヶ条。
心地よい住まいのためになにをすべきか。
などありました。



僕たちプロはより良い住宅を建てることも重要ですが、
生活をより良くするための住宅を建てることを忘れてはいけない。
その為にデザインというワードは大事。
ただし、デザインとは見栄えをよくするための差異化の為のデザインではなく、
生活をより良くするための、幸せな体験を実現するためのデザインです。



お2人の講演終了後、ディスカッションがありました。
岸先生のプランに対する思いや、
LIXILのLWを作った経緯やなぜまたトステムブランドを持ち出したのかなど。
最後に質疑応答があったので、私も質問させていただきました。



私は[性能をよくするために必要な方法、手段、商品]は、その他大勢のプロよりも知っている自信はあります。(一番とはいいませんが(^^;)
そこに+して今以上のその人が望む暮らし、理想の暮らし、それ以上のものを提案していくことが大事だと思っているのでとても共感。
あとはそこに「予算」という問題ももちろんついてきますので一緒に考えていく。
営業職はいらないという声もありますが、私は営業も設計も監督も全て必要だと思います。


今回もお読みいただきありがとうございました
次回の更新もよろしくお願いいたします。

最終的な我が家のスペック。

こんにちは、ちゃっきです。


この家づくりブログですが、高気密高断熱やらZEHやら書いている割に

スペック的なお話しはあまりしてきませんでした。


ここで我が家の最終的なスペックを記録します。


建築地 :石川県金沢市(6地域)
1F床面積:21.98坪(72.82㎡)
2F床面積:13.50坪(44.71㎡)
延床面積: 35.48坪(117.53㎡)
施工面積:36.61坪(121.26㎡)※施工面積は工務店により計算方法が異なります。


上記の数値から読み取れるように我が家は総二階ではありません。
高気密高断熱かつ低燃費な家にするにはなるべく四角形の総二階にすることが大事です。
外皮面積を減らし建築コストの削減、影の落ち方、室内温熱環境の循環しやすさなどがあげれられます。
もちろん有利なことは知っていましたが、我が家は少し無視しています(^^;
各階に必要な内容をかなえた上でなるべく効果的になるような間取りではあります。


断熱材
屋根:アイシネン200t(熱伝導率0.038)
壁 :アイシネン105t(   〃    )
床 :ジュピー66t   (熱伝導率0.020)



YKKAP:APW330樹脂スペーサー、Arガス(代表熱貫流率1.31)
※一部APW330真空トリプル、樹脂スペーサー、Arガス(代表熱貫流率0.99)


玄関ドア
YKKAP:ヴェナートD2ガラス無し(熱貫流率2.33)


勝手口
無し


Ua値 0.56W/㎡k
C値   0.55㎠/㎡(完成時、エアコン付き)※四捨五入して0.6


6地域のZEH基準はUa値0.6以下なのでそこまで大した数値ではありませんが、
HEAT20のG1レベルはクリアしています。


掃出し窓や引違窓も使用しています。
内装の仕上げ材には無垢材を使用したり、塗り壁を使用しています。


耐震に関しては構造計算はしていませんが、壁量計算では等級2相当はあります。


ご報告まで。



今回もお読みいただきありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。

内装の素材感。的な。3

こんにちは、ちゃっきです。


今回もさらに内装の素材感をお見せしていきます。
最近、「素材感」というワード気に入ってきています。
素材・質感・空気感。
写真では100%は伝わらない現場ならではの雰囲気ですね(^^)


杉のペンダント照明。

天井の杉の仕上げに合わせて購入したもの。
杉×杉がいい感じです。
付け根のキャップの質感もいいですね。
LED電球をE17なのにE26を買っちゃったので、電球はまだなしです。



壁付けのブラケット照明。
なるべくシンプルに。
電球は目立たせるけど、ブラケット(金具)は目立たせないように。
この時はまだ電気通っていなかったので、通電したときが楽しみです。


有孔シナベニア板。
穴がたくさんあいた学校の音楽室の壁(笑)
100均とかでS字フックを購入してなんでもかけれるように。
イメージ的には額縁の感じ。
絵とかも飾れるしね。


ちなみに内部のクリーニングは完了しました。
(といって、特段写真でわかるようなものではないので、写真は無し。)


今回もお読み頂きありがとうございました。
次回の更新も宜しくお願い致します。