住宅営業の僕が自分の家を建てるブログ

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

床材を貼っていく。(無垢材)

こんにちは、ちゃっきです。


予定通り、大工さんが床材の方に取り掛かっていました。
うちの会社では床暖房は標準ではなく、無垢フローリングが標準仕様となっています。
いつもはクリ材やナラ材が多いのですが、自分の家にはクルミのフローリングを採用しました。


無垢の床は一般的にやわらかいイメージを持つ人が多いのですが、
それは杉材やパイン材などの比較的やわらかい床材を使用する会社が多い為です。
杉材パイン材はちょっと物を落としたくらいで、すぐに傷が付きます。



今回、私が採用したクルミのフローリングは普通に生活する分(ちょっと物を落とす程度)では傷はつかず、気乾比重も0.53と少なめです。


気乾比重の説明が難しくネットを探しまくってもわかりやすいところがないのですが、
それっぽいものを貼っておきます。


木の通気層のようなものがあり、数値が低いほど空気を含みやすいものと考えています。
クルミの木は比較的固い木の中ではこの比重が少ないので、エアコンの熱を蓄えてくれると思います。


夏はさらっとし、冬は床暖房なしでどこまで暖かくなるか、気になるところですね。


貼ったばかりの色合いはこんな感じです。

こちらは無塗装品なので、あとで塗料を塗ります。
使用するのは自然のもので浸透性のものを使います。
ワックスやウレタンなどは膜を張るので耐久性はあがりますが、
その分表面がツルっとするので複合フローリングぽくなります。
それが個人的にはあまり好きではありません。
浸透性で木の肌触りはそのまま行きます。


使い始めのうちは歩いた時に多少ざらっとする印象をもつときもありますし、
なにかこぼしたときもすぐに対応しなければその部分はシミとなってしまいます。
そこも良しとして、無垢材&自然塗料を使います。


写真をよく見ると透明の角ばったものが見えますでしょうか。

こちらはスペーサーといい、床材を貼るときの隙間を一定化させるものです。
無垢の床材などは「動き」があるので、スペーサーをかまして0.5㎜くらいの隙間を作ります。
これは無垢材の動きが収縮側なら問題ないのですが、膨張側だった場合に床材が割れてしまうことがあるからです。
この木の動きは季節によりことなります。
また、1年を通じて膨張したり収縮したりするので収縮後に木の継ぎ目が開きぱなしということはそうそうありません。
※無垢材×床暖房の場合だと可能性はあります。



通常のフローリング(パナソニックとかDAIKENとか)のものは1枚あたり303㎜ほどですが、無垢材は1枚づつなので90㎜のものもあれば180㎜のものもあります。
1枚1枚の色合いもばらつきがあり、中には不良品のようなものもあります。
無垢材を貼るのには時間がとてもかかります。
手間をかけて工事してくれる大工さんにはいつも感謝しています。
ありがとうございます。


良いところと悪いところも書きましたが、
無垢の床材が好きなのです。
杉もパインもクルミもナラもブラックウォールナットも全て良いですよ。
「性能の先の心地よさ」をつくる重要なポイントの1つです。



今回もお読み頂きありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。

内装の下地を着々と。

こんにちは、ちゃっきです。


私の実家は大工さんなので、今回、家の大工さんは施主支給工事とさせて頂いてます。
通常、現場には大工さんは1現場に1人なのですが、うち(実家)では複数人で工事をするのが通常です。
そのため、現場の進み方はかなり早めです。


現場にいくと断熱吹付工事後の内部の下地を工事していました。

貫(ぬき)というものを決められた間隔で付けていきます。

この横に付ける貫は将来的に壁になにか取り付けたいなと思った時の下地にもなります。
これを付けない会社もかなりいますし、なくても石膏ボード用のビスなどがありますが、
あった方がより良いかなと思います。
225㎜間隔に取り付けています。半端な数字に見えますが建築業界ではよく使うサイズです。
ちなみにない場合だと空間の横幅が3cm増えます。


天井はこんな感じです。

よく見ると屋根に吹き付けた断熱材が見えるのがわかりますでしょうか。
照明位置が決まっているのところは避けたり、より多く下地材を入れたりしています。
写真の部屋は和室になります。
押入部分の建具はh2000の為、下がり壁の下地をしています。


リビングも雰囲気が出てきたような気がします。


大工さんは来週から
フローリング張り(うちは無垢材)
既製品の建具枠の取付
などに取り掛かると思います。
また、お風呂などの設備も来週を予定しています。


今週は仕事多忙の為ほとんど自分の家には行けませんでしたが、来週はまた行けるようにしたいと思います。


今回もお読み頂きありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。

「枠(わく)」について考える。

こんにちは、ちゃっきです。


今回は内部の枠材について考えていこうと思います。
枠材は住宅の内装の雰囲気を決めるうえでそんなに目立つことはないけど
使い方によっては印象がガラッと変わるものです。


よく見る部分で行くと
ドアの周りでしょうか。

画像のドアの外の Π ←の部分ですね。

一般的なDAIKEN、LIXIL、パナソニックなどの普及グレードは
20㎜~25㎜くらいが多いと思います。


ドアの話で少し寄り道。

パナソニックの上位グレード、ベリティスプラスなどは
あえて枠を大きく見せ、55㎜くらいのものもあります。
(天井までのハイドアかっこいい)


枠を壁に隠してしまう商品もあります。
すごくシンプルにすっきりと見えます。
(こちらも天井までのハイドア)


以前はメーカーの建具は一般的にH2000までのものが多く、
天井高さの2400を超えるものはほとんどありませんでした。
あってもオーダーでめちゃくちゃ高かったりとか。



神谷コーポレーションさんは以前よりH2400の建具を作ってきたメーカーです。


先ほどの写真のパナソニックさんの幅広枠のものであれば重厚感が出ますし、
その下の写真(こちらはLIXIL)はとてもすっきりとシャープな印象になります。


造作建具の場合はサイズが自由自在です。
細くすることもできれば太くすることもできます。
枠材に突板や無垢材を使用すると素材感もグッとでます。
以前書いたような気もしますが、私はすっきりシンプル系がどちらかというと好みなので、なるべく細くしたいなぁと思っています。


造作枠の場合、枠図面も作成していきます。

枠にも設計士のこだわりが満載です。
考えれること自体がすごいなぁといつも思います。



見えてくるのは建具枠だけではなく、窓枠もあります。
こちらも一般的には20㎜~25㎜くらいが多く。
窓のまわりをぐるっと巻くことが多いです。

画像はネットからの拾い物です。


こちらもネットからの拾い物画像です。

こちらの窓枠は下の部分だけに枠をつけて左右と上は壁紙で巻いて施工しています。
角の部分は壁紙や左官塗りなどはあまりつよくないので、オススメできるかどうかは微妙ですが、よりすっきりと見せたいときは良いかも。
あとはあまり触らない部分や、カーテンのつけない場所なども良いと思います。
※各メーカー10㎜前後のスリム枠もあります。


長くなってきたのでそろそろ終わりますが、
その他だと、
巾木(はばき)、廻り縁(まわりぶち)、幕板(まくいた)などがあります。
(巾木以外は使ってない会社の方がおおいかも??)


住宅の「性能」という面ではそこまで機能はしませんが、「デザイン」面では
とても重要になる部分です。
色だけではなく、大きさなどにもこだわってみませんか?



今回もお読み頂きありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。