住宅営業の僕が自分の家を建てるブログ

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

WEB見学会。2-外観

こんにちは、ちゃっきです。


前回に続きまして今回も外観の見学会です。


前回はちらっとお見せしていた正面のメイン植栽。
アオダモの木を中心に色鮮やかで縦横にひろがる下草たちです。
毎日の水やりが楽しみです(^^)


つづいて門扉を開けますね。


カーテンは閉めて撮影しましたが、大開口×2ヶ所の掃出し窓です!
こちらはAPW330(真空トリプル樹脂アングル仕様)で引違窓の中では今現在国産窓の中でトップクラスの断熱性能を誇る窓を採用しています。
また、こちらの開口部は東の方に開いています。
その為、オーバーハング庇は浅め、3尺奥行き(約90cm)となっています。
ウッドデッキ材にはアマゾンジャラ、天井には米杉を着色し雰囲気を出しています。


デッキ下のベースコンクリートはデッキよりも45cm出しています。
こちらも腰掛けるとちょうど良い空間となっています。


別アングルより。
白い部分はジョリパットという塗り壁を使用しています。
中庭にも芝生以外に背の低い植栽を植えています。
写真の黒い建物部分が斜めに見える方もおられるかとおもいますが、その視点は正常です。
我が家の建物は黒い箱と茶色の箱を白い渡り廊下でつないでおり、黒い部分は斜めとなっています。
こちらは敷地の形状に合わせて角度を設けて、庭の部分を少しでも広くしたかったためです。


黒い箱メインで。
全然目立ちませんが、こちらの雨樋は通常の塩ビ製ではなく、ガルバリウム鋼板製です。
写真ではわかりませんが、肉眼でみるとやっぱり質感は違います。
お値段は高めですが、やってよかったと思っています。



次回は中に入りまして玄関まわりからご案内しようと思います。
今回もお読みいただきありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。