住宅営業の僕が自分の家を建てるブログ

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

小さい家がすき。

こんにちは、ちゃっきです。


ふと思ったことを書きます。
タグは「考えかたシリーズ」にしようかな。


私がいつも家づくりで思うことは
「おおきな家はいらない」です。
大きなLDK
大きな吹き抜け
大きな寝室
どれも魅力的ではありますし、大きければそれなりに意味を持ちます。


ですが、近年
資材の高騰
狭小地の増加
ミニマリスト
など色々な理由によりコンパクトな家を求める方も増えてきています。


「小さい家」に関する書籍も増えてきています。

中でも以前からある書籍で伊礼智さんの本はすごく好きです。
アフェリエイト?とかではないですよ。(よくわかっていない)
「性能の先の心地よさ」というワードが特にお気に入り。


小さい家に関する本はまだまだあります。
探してみてほしいです。


小さい家には正直、制約が多いです。
プランの段階でしっかりと考えていかないと
・コンセントが付かない。
・引戸が好きだけど引戸にできない。
・採光がとれない
・エアコンがつけれない
など様々な試練があります。


ですが、それを乗り越えて完成した家というのは素晴らしいと思います。
小さい家だからできることもあります。
小さい家だから他でグレードを上げたりというお金の使い方をできることも。
最近だと、断熱・気密・換気・透湿・耐震・免振などでしょうか。


私の家は総二階ではないのでコストパフォーマンス的にはそこまで高くはないですが、
延べ床面積は30坪台前半には抑えようと思っています。


小さい家について、話したいことたくさんあります。
話の合いそうな方、ぜひお話ししましょう!


次回の更新も宜しくお願い致します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。