住宅会社の営業が自分の家を建てるブログ

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

建てる敷地について

こんにちは、ちゃっきです。


建てる敷地の情報についてです。
私が家を建てる敷地は祖父の土地を譲り受けて建てさせてもらえることになりました。
土地が有るのと無いのとではかかってくる費用が全然変わってきます。
(土地の購入代金が大きいですね)
非常にありがたいです。


ちなみに、今回のような土地の場合(土地の所有者が建てる人ではない場合)、
住宅ローンを使用する場合はその土地の所有者の方(今回でいうと祖父)も
一緒に銀行に行って手続きが必要となります。
(連帯保証人や担保提供者という立場となります。借り入れ先により多少変わります)


土地の形状はこんな感じです。

間口が約5mほどの一般的には「旗竿地」と呼ばれる土地です。
奥行は長いところで約30mほどあります。
東側に道路、西側には側、南北には家が建っています。
お隣に親戚が住んでいます。


ちなみに、現況は古家が建っていて解体工事が必要です。
既存の家は約45坪ほどありますし、境界にはコンクリートブロックや
駐車場スペースにはコンクリートがしっかりとされています。
間取りを考えながら、解体費用の御見積をしなければなりません。


感覚的には150万円くらい??


次回へ続く→





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。