住宅営業の僕が自分の家を建てるブログ

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

プラン完成!から見積作成

こんばんは、ちゃっきです。


ちょっと期間が空きまして、、、
プラン作成のほかに
新婚旅行に行っていました(^^)/


ニューカレドニアというところで
自然がいっぱいののんびりとできる島です。


とくに海がきれい!
天国に一番ちかい島と言われる場所です。


新婚旅行に行く前にプランを考えて
奥さんのOKをもらえました(笑)


通常ですと、プランの提案と同時にある程度の(概算見積書)資金計画書を提示します。
そして、プランの確定後にその概算見積を詳細見積にするため、各業者さんへ見積します。
(概算見積はこれまでのデータをもとに社内で作成したものです)


概算見積から詳細見積を作成するために建築の内容も煮詰めます。
外壁の種類や窓サッシのグレードなど。


基礎工事
木工事
屋根工事
外壁工事
建材工事
など様々な業者さんからの協力を得て
家という建築物は出来上がります。


さて、いくらになるか、、、
今まで使ったことのない自分が使ってみたい商品もあります。


次回の更新もよろしくお願いします。


小さい家がすき。

こんにちは、ちゃっきです。


ふと思ったことを書きます。
タグは「考えかたシリーズ」にしようかな。


私がいつも家づくりで思うことは
「おおきな家はいらない」です。
大きなLDK
大きな吹き抜け
大きな寝室
どれも魅力的ではありますし、大きければそれなりに意味を持ちます。


ですが、近年
資材の高騰
狭小地の増加
ミニマリスト
など色々な理由によりコンパクトな家を求める方も増えてきています。


「小さい家」に関する書籍も増えてきています。

中でも以前からある書籍で伊礼智さんの本はすごく好きです。
アフェリエイト?とかではないですよ。(よくわかっていない)
「性能の先の心地よさ」というワードが特にお気に入り。


小さい家に関する本はまだまだあります。
探してみてほしいです。


小さい家には正直、制約が多いです。
プランの段階でしっかりと考えていかないと
・コンセントが付かない。
・引戸が好きだけど引戸にできない。
・採光がとれない
・エアコンがつけれない
など様々な試練があります。


ですが、それを乗り越えて完成した家というのは素晴らしいと思います。
小さい家だからできることもあります。
小さい家だから他でグレードを上げたりというお金の使い方をできることも。
最近だと、断熱・気密・換気・透湿・耐震・免振などでしょうか。


私の家は総二階ではないのでコストパフォーマンス的にはそこまで高くはないですが、
延べ床面積は30坪台前半には抑えようと思っています。


小さい家について、話したいことたくさんあります。
話の合いそうな方、ぜひお話ししましょう!


次回の更新も宜しくお願い致します。

間取りの要望的な。

こんにちは、ちゃっきです。


今回はプランニングをする上で欠かせない
間取りの要望の書き出し回です。


旗竿地なので、普通の真四角総二階ではない家がいいなぁと。
コスト重視だったり、効率重視だったりすると総二階が一番良いの
ですがとりあえずそこは置いておきます。


*1Fにほしいもの
・LDK(リビング近くに少なくてよいので収納スペースも)
・水回り(UB、洗面脱衣、SR、WC)
・和室(LDKとは別空間で)


*2Fにほしいもの
・寝室
・WIC(1Fに入りきらないもの)
・子供部屋(2部屋)
・WC(1Fの階段から遠い場合)


*部屋数ではない要望
・住宅地ではありますがお隣は少し空いているので
夜は2階の窓から1階の屋根に降りて星を眺めたい。
・リビングにソファはなくてもよい。その場合はハグみじゅうたんを敷きたい。
・ダイニングテーブルはw1500程のものが置ければOK。
・対面キッチンでなくても良い。
・間取りに回遊性はなくても良い。
・庭がほしい(掃出し引違窓からウッドデッキに出れると尚良い)


*ねこ的要素の要望 ・なつめくん(ねこ)が自由に行き来できるが吹抜等は作らずに
温度差の少ない家にする。
・玄関ホール&衣類収納部分にはなつめくんは行かないようにする(飛び出し注意!)
・ごはん、水飲み、トイレは1階のみでOK??(未定)
・大きなキャットタワー(天井まであるやつ)をおきたい。
・空を眺めることのできる空間をつくってあげる。


よくお客様からプランヒアリングのときにどこまで考えてきたらいいですか?
と聞かれます。
基本決めれることはどこまででも決めてもらっていいのですが、
最低限、ほしい部屋の数くらいで良いと思います。
すごい人だとA4の紙にWordかなにかで数枚に分けて要望を書いてこられる方も
おられますが、それはどちらでも構いません。
(もちろん書かれればそれにあったプランを作成します)
私は土地に素直なプランが好きです。
その土地ならではの光の当たる場所や風通し、景色など気持ちいい空間を
スッキリ見せることだと思っています。
それは時にあえて小さな空間を作ったり、段差を作ったり。


ちなみにうちの奥様との家族会議では、
基本的には任せるけど風通しの良い家であればそれでいいと言われました。
私は住む家に柔軟に対応するタイプだから。と自信満々でした(笑)


その場でさらさらっとゾーニングしてあげると
あーでもないこーでもないと言われました。(主に収納面)



まぁ、そんなもんですよね。
設計部と話をまとめてOK貰えるプランを頑張って作っていきます。


本日もお読み頂きありがとうございました。