住宅営業の僕が自分の家を建てるブログ

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

WEB見学会。6-LDK

こんにちは、ちゃっきです。


今回はメイン、LDKです。
まずはリビングから。


LDKの広さは約15帖です。
そのなかでリビングの広さは約8帖ほど。
天井は構造材や、化粧の垂木材(細いやつ)でワイルドに木の感じをだしています。
その他特徴としては
ソファを置いていないこと。(どこでも座れるように)
その中であえて造作でベンチをつくり、壁側に居場所を作ったこと。
ベンチの先には大きな窓があり、中庭を望むことが出来ます。
また、ベンチの下はルーロ(お掃除ロボ)の基地と、ねこねこベッド(よくみると写真右下にしっぽのみで登場?)の居場所があります。
床でもベンチでもごろごろ出来て気持ち良いですよ(^^)
照明器具はダウンライトではなく、
正面に裸電球風のライト1灯とベンチ上にブラケットを2灯です。
また、ベンチ上部にはスティーベル製のダクトレス1種換気システムがありますが、
こちらもサイズがかなり大きいので目立たないように格子を採用し、隠します。


ダイニング&キッチン付近です。
壁付けのキッチンを採用し、メーカーはタカラスタンダードです。
タカラといえばまずはホーローですね。
キッチンを囲む白い壁はホーローのキッチンパネルの為。
掃除がしやすく、マグネットもくっつきます。
その為いろいろなものをとりつけることができ非常に便利です。


食器棚の上棚。
こちらは、造作でワッフルガラス入りです。
このガラスは建替え取り壊した時の家のリビングの建具についていたガラスを再利用させて頂きました。旧家から新家まで、これからも私を見守ってくれるガラスです。
取っ手はアイアンで統一。


システムキッチンのアップ。
天板はステンレスのバイブレーション(スクラッチ)仕上げ。
高級感。
面材は通常のタカラのものに、オリジナルでアイアン塗料を塗り、取っ手もアイアンのももを別で購入し、付けました。
こちらの取っ手は食器棚と併せて購入しました。
無垢の床材や造作の食器棚、壁や天井の仕上材の塗り壁ともマッチする、マットな質感がとっても気に入っています。


キッチンの横にはパントリーと冷蔵庫スペース。
パントリーは少しだけでもあるとすごく助かる!
したにはゴミ箱スペースも隠せているので、便利。
また、マグネットがくっつくことを利用して、お玉などをひっかけれるようにしてあります。
かわいい。


LDKはいくらでも書けちゃうのでこのへんで、
ご質問などあればいくらでも返信します。


今回もお読みいただきありがとうございました。
次回の更新も宜しくお願い致します。

WEB見学会。5-1階トイレ

こんにちは、ちゃっきです。


我が家は玄関に入り、リビングに向かうまでの間にトイレがあります。


トイレ入口。
造作で高さ2400㎜、天井までの引戸になっています。
黒いマルが2つ見えますが、上がカギでしたが取っ手になっています。


開けるとこんな感じ。
トイレはタンクレスです。
TOTOのネオレストのRHシリーズ。
ふんわりとした丸身をおびたデザインがgoodですね。


壁面は鮮やかなグリーンを基調としています。
トイレのイメージはグリーン×木です。
床はサンゲツの塩ビタイル【フロアタイル】の木目柄を使っています。
店舗にも採用されることが多い商品で水回りにはとても相性が良いです。


紙巻器。
ピンクのトイレットペーパーはあまり好きでないのですが、奥様の希望により。。。
なれればそんなものかも。(笑)


こちらは楽天で購入したもので、
アイアンのペーパーホルダー2連の上にナラ材カウンターのあるものです。
トイレ中にスマホを置いたり、
荷重的にはNGかもしれませんがたまに肘を置いたりしています(^^;
お値段は1万円くらいとかなりの金額しましたが、雰囲気に合わせる方が重要なので採用。
ちょうど真上にスティックリモコンがくるようになっています。


設置時にも思わず写真を撮ったかわいい手洗器。
まわりもネコネコしています。
タイルは高かったのでタイル調クロス。
下部は開き扉収納なのでお掃除どうぐやストック品などがかなり入ります。



今回もお読み頂きありがとうございました。
次回の更新も宜しくお願い致します。

WEB見学会。4-和室

こんにちは、ちゃっきです。


今回は和室の回です。
最近は和室をLDKに隣接させてより広く見せることが増えていますが、
私の家はLDKとは分けて配置させ、より客間の空間として考えました。


全体の感じ。
広さは4.5帖+押入収納です。
光が入り過ぎていて写真ではわかりませんが、座った時に空がきれいに見える場所に窓を配置しています。
押入収納は造作で作成し、引手は王手にし、金属金具を無くしています。


天井。
杉の突板パネルを市松模様に貼っています。
杉は木目が大きく和室にぴったりではないかと思います。


そして、照明のアップ写真。
こちらは上手工作所というところで購入したペンダント照明です。
天井の杉に合わせて、こちらもフレームは杉で出来ています。
電球はもちろんLEDを採用していますので、そこまで熱くなることもありません。
夜はとくに雰囲気が良くなります。


最後に地窓。
無垢の座卓よりまっすぐ伸びた先にある感じが良いですね。


LDKに隣接していないため、そこまで使用頻度は高くないのですが、
雰囲気はとても気に入っています。


今回もお読みいただきありがとうございました。
次回の更新も宜しくお願い致します。