住宅営業の僕が自分の家を建てるブログ

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

平成30年度のZEH補助金

こんにちは、ちゃっきです。


先日、平成30年度のZEH説明会があり、参加してきました。



ZEHとは?
ネットゼロエネルギーハウスの略です。
当初からネットのNは、どっかいっていて、無いです。
簡単に言うと太陽光などの再生可能エネルギーを住宅に採用してなるべく省エネな家にしましょうね。的なやつです。
そのためには家の性能も高くしましょうね。ってやつです。


そのための定義もあります。
北海道とか沖縄とか地域により変わりますが、私のエリア6地域で書きます。


ZEHの定義
1、外皮強化基準が0.6W/㎡K以下(UA値)
2、再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から
  20%以上の一次エネルギー消費量削減
3、再生可能エネルギーを導入(容量不問)
4、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の
  一次エネルギー消費量削減


です。
これより少しゆるいものがNearlyZEHといいます。
通常ZEHと違うのは4番です。
100%以上ではなく75%以上100%未満で可です。


今年からさらに新しくZEHOrientedが導入されます。
これはZEHの定義1~4のうち、1と2のみの導入で可です。


よく聞かれるのがZEHにする=補助金が貰えるの?ですが、
そうではありません。


補助金の交付要件は別に定められています。
基本はZEHの定義をクリアしていること。
太陽光の売電は余剰買取方式にすること。(全量買取は×)
HEMS等のエネルギー計測装置を付けること。
事前着工しないこと。
などあります。
また、なぜか気密性は全くかかれておらず、関係ないです。
※高いに越したことはない。


後はNearlyZEHは北陸ではどこでもOK。
今年からのZEHorientedは土地が85㎡未満の土地に建てる住宅ならOK。
です。


補助金は70万円です。
昨年度までにZEHを1棟以上やっている会社ではもう少し性能を上げて限定的に115万円のもの(ZEH+)も始まります。



個人的にはNearlyZEHの補助金が北陸にも対応しているところが非常にありがたい。
なぜならば、再エネ込みの削減率が75~100%未満で見れるので太陽光の設置kwを減らしても補助金が貰えるから。
ZEHにしたいけどどうしても費用が。。。となるお客様にも話しやすいかと。


ZEHをしたことがない住宅会社はまだまだ多いです。
これから少しでも増えていくといいなと思います。


今回もお読み頂きありがとうございました。
次回の更新もよろしくお願いいたします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。