住宅会社の営業が自分の家を建てるブログ

家づくりの思い出にブログをはじめます。
カッコ良さ×性能×心地良さを。

WEB見学会。3-玄関・ホール・SC

こんにちは、ちゃっきです。


いつも更新が遅くてすみません(^^;
(あまり見てる人いないから大丈夫かな笑)


住む前に写真色々と撮っておけばよかったんですが、引き渡し後すぐに入居したので、いい感じに写真がなかなか撮れないという。。。


そんな中、今回はなんとか玄関まわりだけ撮影に成功しましたのでUPしていきますね。



玄関戸を開けてすぐに見える景色です。
下足収納箱ではなくシューズクローゼット部屋を設けたのでかなりすっきり目になっています。
ポストカウンターとして銘木の枚板にアイアン塗料を塗ったパイプで支えています。
下方向に向けてある関節照明もいい感じです。
壁の仕上げ材にはウォーロという塗り壁を採用しています。
塗り壁と照明の相性良いですね!
土間と床の間には通常、框(かまち)といわれる部材を入れますが、今回は入れていません。
床材をそのまま伸ばしているのですごくスッキリとした見た目となっています。


ポスト面。
ポストはあまり目立たせないよう白いものを。
ちなみに気密を気にされる方ならお分かりかと思いますが、このポストからはかなり外気が入ってきます。
ですが、寒い中に郵便物を取りに外に行く方が嫌でしたので私はこれで良いかなと思っています。
たしか、ポストを塞ぐ塞がないで気密C値は0.0?ほど下がりました。
スイッチは真鍮ブランドHUTAGAMI製のものです。
金額は1つ8,000円くらい(かなり高価)するのでここだけ採用。
ちなみにこれはたまたまアウトレットで5,000円くらいで購入できました。



カウンターの上のかざり。
地元の石川県、能登産の珠洲焼という焼き物です。
触り心地もよく、雰囲気もgoodです。


なにかよくわからない照明。
なにかよくわかりませんが、なんとなくいい感じです(笑)


いい感じの写真。



照明にはブラケット照明を採用。
タイガランプを希望でしたが、納期がとんでもない期間必要だったので、別ものを検討。
DAIKOさんよりちょうどいい感じの商品がありましたので、そちらを採用しました。
暗いかな~と思っていましたが、案外明るくで採用してよかったです。


ニッチ。


こちらはシューズクロスクロークがしまっているときのみ現れる場所に作りました。
いつの間にか奥さんがこれをおいていた。。。
塗り壁ニッチって独特な温かみがあってよいですよね。


シューズクローゼット内。
特に説明することはありませんかね(笑)


側面にはコート掛けを。
今は釣り竿とスノーボードの板がおいてありますが、気にしないでください。


最後にもういちど玄関入って土正面。
建具は造作建具にし、オーダーメイドで作成しています。
引戸なのですが、取っ手の金具はあまり好みでないので木でつくりこんでいます。
この2枚の扉の奥には和室があります。
玄関隣接和室です。


続きは次回で。


今回もお読みいただきありがとうございました。
次回の更新も宜しくお願い致します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。